東洋医学

血液からの症状と、体液からの症状

身体の中を流れている水分には、血液と、体液があります。
この循環の滞りが体調不良を起こすものであり、
東洋医学は、こちらの流れを整えるのが得意です。
 
なので、滞りはじめ、病気未満の状態・・・
 
例えば、冷え性ですとか、頭がぼーっとしてはっきりしないですとか、
身体がこわばって痛いですとか、
そういった、お医者さんでは病名が付きづらいような体の不具合に対処ができます。
 
しかし、東洋医学を扱っているところならどこでもいいかというと、そうでもないようです。
当院では、四診や、脈を拝見したりというところから、総合的に判断し、
鍼、漢方を使い分けております。
 
その際に、病態を切り分ける視点として大事になってくるのが、
この症状が、どこからきているものなのか、というところです。
 
特に大きく分けて、血液からの症状であるか、体液からの症状であるか。
この二つの違いを明確に意識しますと、アプローチがしやすくなります。
 
体液というのは、細胞膜を通して循環しています。
塩分を取りすぎるといけない、というのは、この体液の部分の、細胞膜を通したやりとりに特に大きい影響があります。
体液の循環が悪い場合は、冷えなどの症状がおこります。
また、体液を綺麗にするのは、腎臓になります。
こちらに関しましては、漢方の方が得意といえます。
 
また、血液というのは、末梢血管を通して、動脈から静脈へとやり取りしています。
もともとの血圧が120だったとして、動脈の終わりは36ぐらい、ちょうどはざまで24、静脈の入り口で12ぐらいとなります。この、動脈から静脈への血液のやり取りがスムーズに行ってるかどうかが鍵となります。
この末梢血管がうっ血したりすることによって、風邪や、痛みなどの症状が起きます。
血液の滞りで起きやすいのは、痛みなど、熱を持った症状です。
また、血液を綺麗にするのは、肺での酸素交換になります。
こちらに関しましては、鍼の方が得意といえます。
 
このように、明確に役割分担を意識しているところは、どれくらいあるでしょうか?
あまり聞かないような気がしますが、どうでしょうか・・・
 
本物の東洋医学を提供できるよう、今でも研究を重ねている当院です。
色々なご相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

風邪には種類があり、慢性にもなります

頭が頻繁に痛くなる。という方がいます。
病院にかかってもどこも悪くないといわれ、
頭痛もちということで我慢されている方、
もしかしたら、風邪が原因かも知れません。
また、ずっとだるい、疲れが続く、という方も、
風邪かもしれません。
 
風邪とは、血液の流れなどからくる病態を指します。
簡単に言いますと、末梢神経のうっ血が原因です。
 
それがどこなのか、またどのような状態なのかは、人によって異なり、
東洋医学的な診断が必要です。
 
風邪には種類があります。
大きく分けて、傷寒と中風ですが、
首が痛い場合、肩が痛い場合とで異なったりもします。
傷寒の場合は体液にも関わり、筋肉痛のような病態ともなります。
葛根湯が有効です。
 
首が痛かったりする場合は、中風の場合が多く、
布団をかぶって熱を出せば治ると言われる類もこれにあたります。
 
傷寒の方が内に入っていてなかなか熱も出にくいので、
少々厄介な部類になります。
 
熱が胸の方に来て、肝臓や筋肉に入り・・・
鬱になったりもします。
 
血が巡って中に入ってくることで症状も変わります。
途中体液で冷やされてその部分が固くなったりで、
病態も変わってくるのです。
 
小陽病、太陽病、陽明病と、
血液と体液と、その入り具合から色々な病態に分かれます。
こういったことは傷寒論など昔の本に書いてはありますが、
実際的な診断となりますと、経験が重要になってきます。
先日も、ずっと頭痛に悩まされていた方がこられ、
その方のお体を東洋医学的に診断し、流れをご説明したところ、
他の病院ではどこも悪くないと言われていたこともあり、
原因をご自分なりに把握できたことで
大変喜ばれていました。
頭痛などもよくなり、それ以来、当院を
信用いただいています。
 
どこにいっても治らない、原因がわからな、いう方、
是非一度、当院にいらしてみてください。

肩こりにも種類があります

単純に肩こり、と申しましても、
人によって色々原因などが異なりますので、
脈やお腹の張り具合など一通り見させていただきます。
 
トイレの回数なども重要な情報となります。
 
小水の回数が少ないという場合、
 
身体が冷えている。腹の外も冷えて
汚血となり、
むくみ、めまい、
手足がつめたい
胃腸の障害をおこす
 
といったことになります。
 
これが、お小水は問題なく出ている、となり、
腹の中に熱があると・・・
 
腹の中にこりこりができて、それが、いろんな形になってくる
こりができたり・・・軽い場合は肩こり
重い場合は子宮筋腫などのこりとなる
便秘
 
といったことが見えてきます。
 
なので、単純に肩こりで来院されたとしても、
その他に起きている症状などもお聞きすると出てきたりします。
 
そういった全体を含めた治療を当院では行っていきます。
よって、施術時間も長め・・・100分はいただいております。
途中、鍼を刺したまま時間を置くので、その間に仮眠なさってる方も多くいます。
施術後は、皆様すっきりした顔をされます。
 
体の定期点検、メンテナンス、リラックスにも当院をご利用ください。

血糖値がその場で下がる!

ふくらはぎ、平目筋が攣って痛くて歩けない、といった男性の患者がやってまいりました。
 
お体を見させていただいたりお話をしている中で、実は糖尿病を患っているということがわかりましたので、痛み治療に加え血糖値に対する治療もさせていただきました。
免疫療法に加え、漢方の地竜も使うものです。
 
すると、血糖値が下がったというのです。
 
その方は、病院で用いられるような測定機を持ってらっしゃるというので、施術する前と後で測ってみました。
 
すると・・・
 
施術前 505 → 施術後 432 に・・・
 
その次に来ていただいた時は
 
甘いジュースを飲んできたということで、高めスタート
 
施術前 600 → 施術後 435
 
165も降下していたのです。
 
地竜の力には感心されたようで、ご自宅にお持ち帰りになられました。
 
もちろん足の方も良くなりました。
 
これからの治療にも期待できます。

勉強会講師をしました

以前、鍼術や漢方を教えたことのある方が、また教えて欲しいというので、7月に新宿にて講演を行いました。
内輪のイベントですが十数名の方が集まってくださり、うち若い方お二人の鍼灸師が、私のところで習いたいと当院を訪ねてこられました。
ありがたいことです。
忙しいときは手が足りないこともありますので、8月からたまに手伝っていただいています。
 
以前ブログで紹介した旭川の学会の方も、アトピー施術を習いにいらっしゃいました。
 
もっとも、鍼を指す場所、刺した後の患者様の表情の変化など、実際の経験を重ねて初めてわかるものです。
 
私の後ろ姿から何か学んでいただければと思います。
 

痩身鍼も人気です

CIMG0312.JPGCIMG0314.JPGCIMG0317.JPG
 
当院は痩身鍼も得意です。
一回の施術で3~10cm程度の変化を体感することができます。
 
もともとアトピーが主訴でいらした女性ですが、会話の中で痩身が話題になりました。
そこで、やってみましょうか?と痩身の鍼をして差し上げました。
 
すると、治療後、ご自分のお体を見て・・・
 
「お、お、お~!」
 
思わず口から声が出てしまったようです。
 
着ていたスカートの腰回りが緩くなったとのこと。
 
写真を前から撮ってみても良いかと聞きましたら、
 
「横からも撮ってください!
後ろからも撮ってみてください!」
 
と少し興奮気味のご本人。写真で客観的に確認しては
 
「おおお~」
 
といったご様子で・・・とても満足いただけたようでした。
 
中国特殊鍼法を応用した痩身鍼です。
臓腑のアプローチにて健康的に引き締まります。
施術後は背中シャッキリ気分爽快、胃腸も元気になります。
 
伸びてだらんとした臓腑をきゅっと引締め、動きを良くし、いらないものを出す機能も高めすっきりした体になります。
 
食欲が湧いて、食べても、代謝もよくなるので太りません。
不健康なダイエットとは真逆のアプローチとなります。
 
健康に痩身を目指したい方、是非当院をお試しください。

アトピーの患者さんが多くいらっしゃるようになりました。

最近ブログで取り上げているせいか、アトピーで来院する方が増えました。

アトピーはすぐ改善が実感でき私としてもやりがいがありますので、より多くの方にご来院いただきたいと思っています。

アトピーは風邪の変形ですので、アトピーの部位だけでなく、全身状態のバランスを取ります。

なので、アトピー治療ですが、体全体の調子がよくなり、すっきりします。

大体7回の治療で、目に見える気になる症状が大分おさまってきますので、楽しみにご来院ください。

勉強会講師をします

img_0.jpg
img_1.jpg
度々乞われて、勉強会の講師をすることがあります。
 
時には海外、韓国の先生などにも呼ばれて講習会を開いたこともあります。
大体は、勉強会で知り合ったりしたご縁から、私の施術に興味を持っていただくことが多いです。
 
昨年9月にも、旭川の鍼灸学会に呼ばれて講師をしました。
普段はとても著名な先生方をお招きしているようで・・・
私も同列にいれていただいてよいものかとも思いながらも、2回呼ばれたのはどうやら私ぐらいのものらしく、前回の講義がよかったということかと安堵しております。
 
ほとんどの治療家さんがそうかとは思いますが、経験を重ねるにつれ、自分だけのノウハウなり治療法が蓄積してきます。
そして、私の場合、古典資料に詳しいという強みがあります。
傷寒論など、古典で昔から論ぜられていることをベースに、実際の治療方法までをお話しすることができますので、重宝していただけることもあるかと思っております。
 
旭川の鍼灸学会とのご縁は、前会長さんと、中国での勉強会などでご一緒させていただいたのが最初で、かれこれ20年以上の付き合いとなります。
その会長さんがお亡くなりになり、お通夜に葬儀等の機会を通して、現会長さんともご縁ができ、先日の勉強会、そして、6月にはやはり治療家の娘さんが、アトピー治療を習いにいらっしゃる予定です。
 
また、これから韓国の先生もいらっしゃる予定です。
西洋医学の免許を持っている先生で、日本の学会に勉強に来られた時からの付き合いで、こちらも10年以上になります。
以前も韓国にて免疫療法やその場で先生やガイドさんの腰痛治療等を行い、好評のようでした。
 
その時の日記がありますね。
 
 
また勉強したいとおっしゃっていたので、とりあえずとこちらで本を送ってさしあげたところ、今はそれを勉強されているそうです。
 
私もそろそろ年齢を重ねてしまっているので、少しでも私の治療法を後世に
残せればと思っております。
 
学んでみたい!という方、もしいらっしゃれば、お声掛けください。

喘息は水と熱のコントロールで治す

喘息を治すには、まず胃腸を治さなければいけません。
水が胃腸の方から上に上がってくるために喘息の症状が起きます。
この水を、肺の方から胃、腸の方に流せば喘息は治ります。
 
原因としては、熱があげられます。
また、アトピーも同じく熱です。
 
そこに、体液の問題が絡みますとリウマチになったりもします。
 
古典の傷寒論で既に論じられていることです。
 
西洋医学の問題は「熱」について全く触れていないことだと思っています。
 
例えばむくみや冷え症、ツボ一つで改善できるものであったりもしますが、西洋医学ではそういった熱の疾患には対応なし、お手上げ状態です。
 
西洋医学でもこの「熱」に対する対処法などが増えれば、とてもすごいことになると思うのですが・・・
 
熱と水コントロールは今の所、東洋医学の専門となっております。
身体の不調のほとんどの原因はこの熱と水のアンバランスですので、何かお困りのことがありましたら、是非当院へいらしてみてください。お待ちしております。

アトピーは良くなります。

アトピーは良くなります。

 
最初の1回の施術でも、赤みが引く、かゆみが引きすっきりする、など体感いただける方が多い、当院の中では比較的治しやすい疾患です。
 
とはいえ、他のところでは、治しづらい、一生のお付き合い・・・とされる方も多い疾患でもありますね。
どこに行っても治らない、という方は、是非当院の治療をお試しください。すぐ良くなる、治る、それがアトピーです。
 

5回の治療で、一番お困りである、湿疹やかゆみが消えます。

とはいえ、アトピーは風邪の変形です。熱が出る代わりに湿疹が出るようなものなので、またかかることもあるかもしれません。

10回の治療で、そういった風邪にもかかりにくい、体質改善を目指します。

 
アトピー患者さんは、当院に長く通われる方が多いです。というのも「奇跡が起きた!」といったことをよくおっしゃってくださり、アトピーが良くなった後も「ちょっと疲れが溜まって」と言ってはちょくちょく当院にいらっしゃるのです。
 
ある都内の有名大学に通っている患者さんは、アトピーについて色々な治療をし、ご自分でも調べ、とても知識のある方でした。色々お話をする中で「アトピーは風邪の一種です」と私が言うと、笑われました。
 
アトピーと風邪について、詳しくは過去のブログをご覧ください。
 

■アトピーと鍼施術について

http://www.shinjukushinryoin.com/blog/2012/02/post.php
 
 
勉強されているから尚更「風邪?」といった思いなのでしょう。
「まあとにかく治療を受けなさい」
 
と言って、治療した直後から、その笑いが、違う意味の笑いに変わったようです。
 
今ではご家族もみんな当院にいらっしゃってます。それぞれ・・・胃腸系のメンテナンスだったり、他県にお住いのおばあちゃんまで当院にメンテナンスにいらっしゃいます。
 
アトピーは文字通り、目に見えてよくなる疾患ですので、良くなったときに、本人はもちろん、ご家族の皆さんもとても喜んで下さいます。私としても施術のし甲斐がある疾患です。
 
アトピーでお困りの時は是非、当院にお越しください。貴方のお力になれれば幸いです。
 
1  2  3  4

PAGE TOP