妊娠・出産

赤ちゃんへの治療

赤ちゃんの施術患者さんの赤ちゃんに、ついでに治療をして喜ばれたこともあります。
以前、赤ちゃんの湿疹で困っているという患者さんがいました。
来院時で生後5ヶ月。生後2ヶ月ぐらいから乳児湿疹が顔とおまたあたりにあり、最初は病院を受診。ステロイドを処方をされるも、お母さんとしては塗りたくない気持ちがあり、3ヶ月放置してしまったとのこと。
赤ちゃんもとてもかゆがって掻いてしまっていたそうです。
身注をさすり、ロイヤルゼリーを塗ったらかゆがらなくなりました。
先日は、8ヶ月の赤ちゃん。4日程便が出ないとのことでした。はちみつを煮詰めた浣腸を作り、入れてみたところ、1時間後に排便があり、その後も順調に排便が戻ったとのことです。
赤ちゃんは、ちょっとした刺激で元に戻ることもあります。何か御心配事がありましたら、相談してみてください。

妊婦出産前の施術

来週が出産です今日が最後の鍼ですよ といって来ました おうきな腹をして、

ここが足でここが頭よ と 妊婦は嬉しそうに言っています,幸せだなと思いました。

いつもの免疫療法の施術を行います 妊婦は気持ちよく軽い鼾をかきながら寝こみだします

きっと お腹の赤ちゃんも寝ているに違いないと思いながら施術を終わりました

無事な出産であって立派な赤ちゃんが世に出るのを祈りながらお見送りました

妊婦の任脈療法

妊娠8ケ月の妊婦が来院して苦しみと悩みを訴えた。

呼吸するのが苦しい、気持ちが悪い、落ち着きがない、嘔吐が激しいと訴えていた。

妊婦として病気とは考えられないが苦しみ方は異常に思われた。

診察してみると膨満の腹の中の赤ジャン暴れている、母は嘔吐を交えて苦しんでいる。

腹をなてなてしながら、足裏の勇泉あたりを指圧をしていると赤ジャンがおとなしくなってきた。

任脈経を施術し免疫療法を行うと施術の効を奏し母は身体中の緊張が取れてすやすやと眠ってきた。

先生 有り難う すっかり楽になりました。 また来ます。 .サヨナラと笑顔で帰りました。

1
PAGE TOP