院長日記

血液からの症状と、体液からの症状

身体の中を流れている水分には、血液と、体液があります。
この循環の滞りが体調不良を起こすものであり、
東洋医学は、こちらの流れを整えるのが得意です。
 
なので、滞りはじめ、病気未満の状態・・・
 
例えば、冷え性ですとか、頭がぼーっとしてはっきりしないですとか、
身体がこわばって痛いですとか、
そういった、お医者さんでは病名が付きづらいような体の不具合に対処ができます。
 
しかし、東洋医学を扱っているところならどこでもいいかというと、そうでもないようです。
当院では、四診や、脈を拝見したりというところから、総合的に判断し、
鍼、漢方を使い分けております。
 
その際に、病態を切り分ける視点として大事になってくるのが、
この症状が、どこからきているものなのか、というところです。
 
特に大きく分けて、血液からの症状であるか、体液からの症状であるか。
この二つの違いを明確に意識しますと、アプローチがしやすくなります。
 
体液というのは、細胞膜を通して循環しています。
塩分を取りすぎるといけない、というのは、この体液の部分の、細胞膜を通したやりとりに特に大きい影響があります。
体液の循環が悪い場合は、冷えなどの症状がおこります。
また、体液を綺麗にするのは、腎臓になります。
こちらに関しましては、漢方の方が得意といえます。
 
また、血液というのは、末梢血管を通して、動脈から静脈へとやり取りしています。
もともとの血圧が120だったとして、動脈の終わりは36ぐらい、ちょうどはざまで24、静脈の入り口で12ぐらいとなります。この、動脈から静脈への血液のやり取りがスムーズに行ってるかどうかが鍵となります。
この末梢血管がうっ血したりすることによって、風邪や、痛みなどの症状が起きます。
血液の滞りで起きやすいのは、痛みなど、熱を持った症状です。
また、血液を綺麗にするのは、肺での酸素交換になります。
こちらに関しましては、鍼の方が得意といえます。
 
このように、明確に役割分担を意識しているところは、どれくらいあるでしょうか?
あまり聞かないような気がしますが、どうでしょうか・・・
 
本物の東洋医学を提供できるよう、今でも研究を重ねている当院です。
色々なご相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

本日臨時休業致します。

いとこの告別式参加のため、臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしております。

明日からは通常営業となりますので、よろしくお願いいたします。

勉強会講師をします

img_0.jpg
img_1.jpg
度々乞われて、勉強会の講師をすることがあります。
 
時には海外、韓国の先生などにも呼ばれて講習会を開いたこともあります。
大体は、勉強会で知り合ったりしたご縁から、私の施術に興味を持っていただくことが多いです。
 
昨年9月にも、旭川の鍼灸学会に呼ばれて講師をしました。
普段はとても著名な先生方をお招きしているようで・・・
私も同列にいれていただいてよいものかとも思いながらも、2回呼ばれたのはどうやら私ぐらいのものらしく、前回の講義がよかったということかと安堵しております。
 
ほとんどの治療家さんがそうかとは思いますが、経験を重ねるにつれ、自分だけのノウハウなり治療法が蓄積してきます。
そして、私の場合、古典資料に詳しいという強みがあります。
傷寒論など、古典で昔から論ぜられていることをベースに、実際の治療方法までをお話しすることができますので、重宝していただけることもあるかと思っております。
 
旭川の鍼灸学会とのご縁は、前会長さんと、中国での勉強会などでご一緒させていただいたのが最初で、かれこれ20年以上の付き合いとなります。
その会長さんがお亡くなりになり、お通夜に葬儀等の機会を通して、現会長さんともご縁ができ、先日の勉強会、そして、6月にはやはり治療家の娘さんが、アトピー治療を習いにいらっしゃる予定です。
 
また、これから韓国の先生もいらっしゃる予定です。
西洋医学の免許を持っている先生で、日本の学会に勉強に来られた時からの付き合いで、こちらも10年以上になります。
以前も韓国にて免疫療法やその場で先生やガイドさんの腰痛治療等を行い、好評のようでした。
 
その時の日記がありますね。
 
 
また勉強したいとおっしゃっていたので、とりあえずとこちらで本を送ってさしあげたところ、今はそれを勉強されているそうです。
 
私もそろそろ年齢を重ねてしまっているので、少しでも私の治療法を後世に
残せればと思っております。
 
学んでみたい!という方、もしいらっしゃれば、お声掛けください。

中国の先生が遊びに来ました

大学の教授をされている先生が遊びに来ました。
素問の研究が専門で、日本に漢方を教えに来られたのがご縁でお付き合いさせていただいております。
助教授だった頃はよくいらっしゃり、我が家でご飯を食べたりされてましたが、教授になってからは忙しいようで、久しぶりの来日です。
一日目は箱根に泊まり、二日目浅草観光中に連絡がありました。
これから宿を探す、日本食も食べたいというので、こちらで探し、食事をご一緒しました。
美味しく食べていただけたようで、良かったです。
そういえば、その先生のお父様に以前お会いした時、糖尿治療を手掛けてるとおっしゃってるのを思いだしました。
その時私が「糖尿治療には地竜がいいのではないか」と言ったのですが、知らなかったようでした。
もっとも、地竜は血栓予防としては有名ですが、血糖値が下がる、といったことは、私も経験の中で会得した部分であり、有名な話ではありませんから、知らなくても当然かもしれません。
今年は糖尿病治療にも力を入れようと思った矢先の来日だったので、ご縁があるのかもしれません。
色々接待をさせていただきましたので、今度は漢方でも送ってもらおうかと思っています。

施術にも色々な手法があります

特殊鍼の治療と、普通の治療(主に本経の経絡治療)と・・・私が施術している鍼の中でも色々な種類があります。
私は、若い時から、すごい治療法があると聞けば現地に行き教えてもらったり、色々な講習会にも積極的に参加してきました。
その中で、脈診なども会得しましたし、中国の遼寧省特殊鍼法研究会にて会得した特殊鍼療法も大いに役立っております。
どこに行っても治らない、という方も、この療法で快癒される方が多いです。
しかし、そんなすごいものだったらみんなに同じ療法を使用すればいい、というものではないのです。
人によって、症状、肌の厚さや深さなど、様々です。特殊療法だと強すぎるという方もあるのです。
色々な療法を知っていれば、よりその人にあった方法で施術ができます。

また、長年の経験で自分の中で培ってきた手法もあります。他の先生方も、自分の経験から何かに特化した治療法などを編み出されており、それを学んでヒントにして、またこちらも新しい手法が見つかっていく・・・積極的に学習し、向上心を持って治療に臨んでいる限り、より良い治療法の探求に終わりはないのです。
また、古典を再読していく中での再発見もあります。日々勉強と思っております。

韓国に行ってきました

9月は、久しぶりに韓国に行ってまいりました。
最近教えている若い人が行きたいというので、自分が半分道案内です。
現地では、取引のある漢方薬局の方がガイドをして下さり、
自家用車でいろいろ連れて行っていただきました。

前回と同じホテルに泊まったのですが、
昔、王様が住んでいたと言われているところの真向かいに立地し元々雰囲気がよかったのが、
さらに立派なホテルになっていました。

途中、ガイドさんの腰が痛いというので鍼を打って差し上げたら、とても喜んでいました。
韓国でもあまり腰痛治療はさかんではないようです。
また、いつも連絡を取り合っている、西洋・東洋医学両方で治療をされている先生にも会うことができました。
一緒に食事をしたのですが、こちらは膝が痛いということで、食事の場所でちょっと鍼を打って差し上げましたら、
こちらも喜んでいただけました。
どこへ行っても鍼を持ち歩いていると、喜んでいただける機会も増えます。
本当は、新しい鍼も買おうと思っていたのですが、思った鍼がなかったのが残念でした。
韓国にも、鍼をしに行ったようなものです。

次は、また中国へ行きたいと思っています。


■新宿鍼療院■
TEL:03-3365-2525(毎日ニコニコ)
WEB:http://www.shinjukushinryoin.com/

1
PAGE TOP