腰痛

勉強会講師をします

img_0.jpg
img_1.jpg
度々乞われて、勉強会の講師をすることがあります。
 
時には海外、韓国の先生などにも呼ばれて講習会を開いたこともあります。
大体は、勉強会で知り合ったりしたご縁から、私の施術に興味を持っていただくことが多いです。
 
昨年9月にも、旭川の鍼灸学会に呼ばれて講師をしました。
普段はとても著名な先生方をお招きしているようで・・・
私も同列にいれていただいてよいものかとも思いながらも、2回呼ばれたのはどうやら私ぐらいのものらしく、前回の講義がよかったということかと安堵しております。
 
ほとんどの治療家さんがそうかとは思いますが、経験を重ねるにつれ、自分だけのノウハウなり治療法が蓄積してきます。
そして、私の場合、古典資料に詳しいという強みがあります。
傷寒論など、古典で昔から論ぜられていることをベースに、実際の治療方法までをお話しすることができますので、重宝していただけることもあるかと思っております。
 
旭川の鍼灸学会とのご縁は、前会長さんと、中国での勉強会などでご一緒させていただいたのが最初で、かれこれ20年以上の付き合いとなります。
その会長さんがお亡くなりになり、お通夜に葬儀等の機会を通して、現会長さんともご縁ができ、先日の勉強会、そして、6月にはやはり治療家の娘さんが、アトピー治療を習いにいらっしゃる予定です。
 
また、これから韓国の先生もいらっしゃる予定です。
西洋医学の免許を持っている先生で、日本の学会に勉強に来られた時からの付き合いで、こちらも10年以上になります。
以前も韓国にて免疫療法やその場で先生やガイドさんの腰痛治療等を行い、好評のようでした。
 
その時の日記がありますね。
 
 
また勉強したいとおっしゃっていたので、とりあえずとこちらで本を送ってさしあげたところ、今はそれを勉強されているそうです。
 
私もそろそろ年齢を重ねてしまっているので、少しでも私の治療法を後世に
残せればと思っております。
 
学んでみたい!という方、もしいらっしゃれば、お声掛けください。

風邪から来る不調

以前来たことがある方が久しぶりに来院しました。
 
身体がおかしい、力が出ない。頭がぼーっとして痛い、腰も痛く肩も張って全身がだるくて動きが取れない・・・といった全身の不調を訴えています。
調べてみたら、風邪から引き起こる症状でした。本人は風邪とは思ってなかったようです
 
葛根湯服用、そして免疫療法だけで、治療後すっかりよくなったようです。
こういった場合、腰痛も、特殊療法などは行わなくても治ります。
来た時とは全然違うと言って帰っていきました。
 
何が原因かわからない症状も、当院の四診に基づく診察等で原因がわかり、解決することがあります。
何かお困りの方は是非当院にご相談ください。

患者さんの口コミ紹介

当院では、知人からの紹介等口コミでいらっしゃる方が多いのですが、たまに「ネットで評判がよかったので」と言ってくださる方もおります。実際の知人ではないが、同様に口コミとなるわけですね。
本来なら、当院でも感想やアンケートを取る等して、当院ホームページにお客様の体験談を載せたりしたいところですが、生憎そういったことをやる余裕がないので、お客様がご覧になったという、ネット上での口コミを探してみたところ、以下のようなものがあり、抜粋させていただきました。知らないところでも良い評判が増えているというのは嬉しいものですね。

 「初めて針をやった日、今まで感じたことがないくらい体が軽くなりました。
 (マッサージと比較すると、針の方が全然軽くなりました)
 数日?1週間くらいすると、気がついたときにはグレーぽい感じがなくなっていました。」

http://www.ekiten.jp/shop_2971721/review.html

「膝が痛く、近所の鍼灸院に通っていたのですが完治せず、
その鍼灸院の先生から友人の治療院ということで新宿鍼療院を紹介されました。
それなりのお年の方でしたが、とても経験がある先生のようでした。
近所の先生とは全然違うやり方で、全身治療→部分治療として頂き、すっかり改善されて驚きました。
治療時間も一時間以上…大変長く、じっくりやっていただけました。
漢方にも大変詳しいようです。紹介してくださった先生にも感謝です。」

http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=04408&code=MD_HL_0

「空手をやっているので、怪我した時に、よく行きます。腰が弱いので、たまにぎっくり腰になるのですが、ここの鍼は、本当に一発で聞きます。ぎっくり腰や、ひどい腰痛は、整形外科に行くのではなく(時間の無駄)、鍼がおすすめ。 効かない鍼の店もありますが、ここは効きます。あと、内蔵にも鍼を打ってもらえるので、全身の体調調整にも◎」

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&rlz=1C1VSNC_enJP609JP612&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E6%96%B0%E5%AE%BF%E9%8D%BC%E7%99%82%E9%99%A2%20%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F&lrd=0x60188d29a54ddbdf:0xb41389f6d341be51,1

腰痛、肩こりの原因

大体の人は腹が悪いのです。
腰痛や肩こりに限らず、すべての病気は腹から来てると言っても過言ではないのですが・・・
特に、腸の凝り、その中でも大腸の凝りが影響しているように思えます。
東洋医学では、気・血・水のバランスが大事とよく言いますが、
気とは働きのこと。血は暖かい。血のめぐりを邪魔するのが冷たい水です。
この水の流れを制御することで、血のめぐりをよくし、内臓などの働きを良くする、これが最大の治療であり、健康法です。

腰痛や肩こりの原因として、姿勢が悪い、ともよく言われると思います。
しかし、これも結局血のめぐりの話です。
姿勢が悪いと、うっ血し、そこが神経等を圧迫し、痛みが出る。
気・血・水のバランスを整え、流れをよくすることが根本的な解決になります。

肩こりの場合は、みぞおちのあたりに固いしこりのようなものがあったりします。
そこをほぐすことで、肩への血流も回復するのです。

しかし、肩はたくさんの筋が通っており、そこの原因を見極め、かつ治療するにあたって、1回では難しい場合が多いです。
その点、腰の場合、筋が大きいので特定がしやすく、その結果、一回で改善できる場合が多いです。

そういった観点から、当院では肩こりや腰痛治療の場合でも、まずは免疫療法として、お腹に鍼を打ち、全身の血の流れを良くすることから始めます。

お腹が良ければ無病になります。未病の段階での内臓の凝りの定期的なケアもお勧めします。

その他、当院の得意治療としてアトピー(風邪の変形であり、傷寒論23条の手法で寛解)
膝痛(腰の冷えなどが原因、素問60条素問60条の手法で寛解)等がありますが、
詳しくはまた次回に・・・

ご愛顧感謝キャンペーン

ご愛顧感謝。キャンペーンを実施いたします。

一回の施術で腰痛改善!実感いただけない場合はお代はいただきません

現在までも当院は、一回の施術で良さを実感いただけることを心がけて参りました。
お陰様でご好評いただき、新規も口コミでのお客様が多い当院でございます。

そこで、より多くのお客様にお喜びいただこうと思い、年末までのキャンペーンを実施いたしたく思います。

この機会にぜひ、当院を貴方様の健康にお役立てください。

どこに行っても治らなった腰痛が・・・

最近、ホームページをご覧になっていらっしゃる方が増えております。ありがたいことです。
いつの間にかネット上の口コミ記事も増えているようで、先日も「口コミ書いたの私です!」といった申告をしてくださる患者さんがいました。本当にありがたいですね。私自身はネットには疎いのですが(これもボランティアの方に書いてもらっています)、ネットの集客力は大きいと感じています。

さて、ホームページの方に

「どこに行っても治らなかった という方は、是非一度当院にご相談ください。」

と書かさせていただいております。これを見て、いらっしゃる方も多いです。看板に偽りありとならぬ様、誠心誠意対応させていただいておりますが、特に腰痛に関しましては、その場で実感いただけているのがわかり、安堵しております。

土曜日も、浜松の方から中年の女性が、また東京近郊からも7年越しの腰痛に悩まされているという若い女性がやってまいりました。
共に、あらゆる治療を試した末に当院にたどり着いたというお話。
若い女性の方は7年も腰が痛く、鍼治療もしていたがよくならず、灸がいいのではないかと言われ当院に来たとのこと。
「お灸で治りますかね?」とのことでしたが、見たところ鍼治療で治りそうでしたので鍼を施術いたしました。
すると、帰る頃には腰痛が劇的によくなったようで大喜び!お客様が喜ぶ顔はいいものですね。

また、はるばる浜松からいらっしゃった方は、腰痛以外にも肩こりやらテニス肘やらいろいろお困りでした。
テニス肘の様な、骨のすぐ上が患部である場合は一回での治癒は難しいですが、とりあえず腰痛に関しては即日実感いただけたようです。

体の痛みというのは、毎日の生活の質に影響します。
皆様が心地よく生活できる手助けができましたら幸いに思います。

■新宿鍼療院■
TEL:03-3365-2525(毎日ニコニコ)
WEB:http://www.shinjukushinryoin.com/

何故腰痛、肩こり、五十肩痛になるか?

腰痛や肩こり、五十肩痛・頚椀証候群痛なとの原因は風邪から起こるものと考えられる。風邪にかかると発熱

が生じる、血行不良が起こってきて筋肉は機能減退となり硬結してきて神経を圧迫するようになって疼痛が起こるのです。

筋肉疲労が上部にあるときは肩こり、または胸骨筋が硬結になると五十肩痛になる原因となる。

肺部に胸骨筋肉が硬結になった場合は背部に痛み起こってくる、腰部に腰筋が硬結してくると坐骨神経を圧迫して

坐骨神経痛や腰痛が起こる。

治療法は筋肉を支配している骨膜を補い筋を養わなければならない施術を行えば痛みはただちに消失する。

1回の施術で傷みはなくなる・。

腰痛~内臓からの声

腰痛にも種類があります。

朝起きると、痛い・・・歯を磨くのも辛い・・・しかし、ある程度歩くと痛みが治まってくる、と言う方です。

このような方の場合、内臓が悪いということがあります。

当院では、内臓の機能を高める治療も得意としております。

お心あたりある方はまずお電話でご相談ください。

 

腰痛(ぎっくり腰) 症状解説

◆腰痛(ぎっくり腰)

原因:風邪をひいて一週間ぐらい経つと筋肉の栄養がなくなり、筋硬直状態となる。この筋硬直が、背筋に現れ、それに急激な刺激が与えられた時にギックリ腰が起こる。
治療法:筋緩和法(鍼の瀉法)をもって、行う。

1
PAGE TOP