漢方

血液からの症状と、体液からの症状

身体の中を流れている水分には、血液と、体液があります。
この循環の滞りが体調不良を起こすものであり、
東洋医学は、こちらの流れを整えるのが得意です。
 
なので、滞りはじめ、病気未満の状態・・・
 
例えば、冷え性ですとか、頭がぼーっとしてはっきりしないですとか、
身体がこわばって痛いですとか、
そういった、お医者さんでは病名が付きづらいような体の不具合に対処ができます。
 
しかし、東洋医学を扱っているところならどこでもいいかというと、そうでもないようです。
当院では、四診や、脈を拝見したりというところから、総合的に判断し、
鍼、漢方を使い分けております。
 
その際に、病態を切り分ける視点として大事になってくるのが、
この症状が、どこからきているものなのか、というところです。
 
特に大きく分けて、血液からの症状であるか、体液からの症状であるか。
この二つの違いを明確に意識しますと、アプローチがしやすくなります。
 
体液というのは、細胞膜を通して循環しています。
塩分を取りすぎるといけない、というのは、この体液の部分の、細胞膜を通したやりとりに特に大きい影響があります。
体液の循環が悪い場合は、冷えなどの症状がおこります。
また、体液を綺麗にするのは、腎臓になります。
こちらに関しましては、漢方の方が得意といえます。
 
また、血液というのは、末梢血管を通して、動脈から静脈へとやり取りしています。
もともとの血圧が120だったとして、動脈の終わりは36ぐらい、ちょうどはざまで24、静脈の入り口で12ぐらいとなります。この、動脈から静脈への血液のやり取りがスムーズに行ってるかどうかが鍵となります。
この末梢血管がうっ血したりすることによって、風邪や、痛みなどの症状が起きます。
血液の滞りで起きやすいのは、痛みなど、熱を持った症状です。
また、血液を綺麗にするのは、肺での酸素交換になります。
こちらに関しましては、鍼の方が得意といえます。
 
このように、明確に役割分担を意識しているところは、どれくらいあるでしょうか?
あまり聞かないような気がしますが、どうでしょうか・・・
 
本物の東洋医学を提供できるよう、今でも研究を重ねている当院です。
色々なご相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

風邪には種類があり、慢性にもなります

頭が頻繁に痛くなる。という方がいます。
病院にかかってもどこも悪くないといわれ、
頭痛もちということで我慢されている方、
もしかしたら、風邪が原因かも知れません。
また、ずっとだるい、疲れが続く、という方も、
風邪かもしれません。
 
風邪とは、血液の流れなどからくる病態を指します。
簡単に言いますと、末梢神経のうっ血が原因です。
 
それがどこなのか、またどのような状態なのかは、人によって異なり、
東洋医学的な診断が必要です。
 
風邪には種類があります。
大きく分けて、傷寒と中風ですが、
首が痛い場合、肩が痛い場合とで異なったりもします。
傷寒の場合は体液にも関わり、筋肉痛のような病態ともなります。
葛根湯が有効です。
 
首が痛かったりする場合は、中風の場合が多く、
布団をかぶって熱を出せば治ると言われる類もこれにあたります。
 
傷寒の方が内に入っていてなかなか熱も出にくいので、
少々厄介な部類になります。
 
熱が胸の方に来て、肝臓や筋肉に入り・・・
鬱になったりもします。
 
血が巡って中に入ってくることで症状も変わります。
途中体液で冷やされてその部分が固くなったりで、
病態も変わってくるのです。
 
小陽病、太陽病、陽明病と、
血液と体液と、その入り具合から色々な病態に分かれます。
こういったことは傷寒論など昔の本に書いてはありますが、
実際的な診断となりますと、経験が重要になってきます。
先日も、ずっと頭痛に悩まされていた方がこられ、
その方のお体を東洋医学的に診断し、流れをご説明したところ、
他の病院ではどこも悪くないと言われていたこともあり、
原因をご自分なりに把握できたことで
大変喜ばれていました。
頭痛などもよくなり、それ以来、当院を
信用いただいています。
 
どこにいっても治らない、原因がわからな、いう方、
是非一度、当院にいらしてみてください。

血糖値がその場で下がる!

ふくらはぎ、平目筋が攣って痛くて歩けない、といった男性の患者がやってまいりました。
 
お体を見させていただいたりお話をしている中で、実は糖尿病を患っているということがわかりましたので、痛み治療に加え血糖値に対する治療もさせていただきました。
免疫療法に加え、漢方の地竜も使うものです。
 
すると、血糖値が下がったというのです。
 
その方は、病院で用いられるような測定機を持ってらっしゃるというので、施術する前と後で測ってみました。
 
すると・・・
 
施術前 505 → 施術後 432 に・・・
 
その次に来ていただいた時は
 
甘いジュースを飲んできたということで、高めスタート
 
施術前 600 → 施術後 435
 
165も降下していたのです。
 
地竜の力には感心されたようで、ご自宅にお持ち帰りになられました。
 
もちろん足の方も良くなりました。
 
これからの治療にも期待できます。

勉強会講師をしました

以前、鍼術や漢方を教えたことのある方が、また教えて欲しいというので、7月に新宿にて講演を行いました。
内輪のイベントですが十数名の方が集まってくださり、うち若い方お二人の鍼灸師が、私のところで習いたいと当院を訪ねてこられました。
ありがたいことです。
忙しいときは手が足りないこともありますので、8月からたまに手伝っていただいています。
 
以前ブログで紹介した旭川の学会の方も、アトピー施術を習いにいらっしゃいました。
 
もっとも、鍼を指す場所、刺した後の患者様の表情の変化など、実際の経験を重ねて初めてわかるものです。
 
私の後ろ姿から何か学んでいただければと思います。
 

風邪から来る不調

以前来たことがある方が久しぶりに来院しました。
 
身体がおかしい、力が出ない。頭がぼーっとして痛い、腰も痛く肩も張って全身がだるくて動きが取れない・・・といった全身の不調を訴えています。
調べてみたら、風邪から引き起こる症状でした。本人は風邪とは思ってなかったようです
 
葛根湯服用、そして免疫療法だけで、治療後すっかりよくなったようです。
こういった場合、腰痛も、特殊療法などは行わなくても治ります。
来た時とは全然違うと言って帰っていきました。
 
何が原因かわからない症状も、当院の四診に基づく診察等で原因がわかり、解決することがあります。
何かお困りの方は是非当院にご相談ください。

中国の先生が遊びに来ました

大学の教授をされている先生が遊びに来ました。
素問の研究が専門で、日本に漢方を教えに来られたのがご縁でお付き合いさせていただいております。
助教授だった頃はよくいらっしゃり、我が家でご飯を食べたりされてましたが、教授になってからは忙しいようで、久しぶりの来日です。
一日目は箱根に泊まり、二日目浅草観光中に連絡がありました。
これから宿を探す、日本食も食べたいというので、こちらで探し、食事をご一緒しました。
美味しく食べていただけたようで、良かったです。
そういえば、その先生のお父様に以前お会いした時、糖尿治療を手掛けてるとおっしゃってるのを思いだしました。
その時私が「糖尿治療には地竜がいいのではないか」と言ったのですが、知らなかったようでした。
もっとも、地竜は血栓予防としては有名ですが、血糖値が下がる、といったことは、私も経験の中で会得した部分であり、有名な話ではありませんから、知らなくても当然かもしれません。
今年は糖尿病治療にも力を入れようと思った矢先の来日だったので、ご縁があるのかもしれません。
色々接待をさせていただきましたので、今度は漢方でも送ってもらおうかと思っています。

血糖値が一週間で!地竜の力

身体のメンテナンスのために、毎週いらっしゃっているお客様もいます。
通常は鍼治療により、体の免疫力を高め、疲れを取る治療を行っております。
そのお客様から、血糖値について相談がありましたので、
地竜を一週間飲まれることをプラスでお勧めいたしました。
地竜とは、東洋医学で使われている健康食品で、いわゆるミミズです。
当院ではそういったご紹介・在庫のストックもございます。
このミミズを飲んでから鍼施術をし、その後自宅でも一週間飲んでもらいました。

すると、220あった血糖値が、一週間で140に下がったとのこと。
お医者さまからも「どうしたんですか?」と言われたそうです。

こういった数値、データ、検査に関しては西洋医学が優れておりますので、西洋医学と東洋医学、両方を上手にお使いになり、健康長寿を目指していきましょう。
何でもご相談ください。

目まい(眩暈)の治療

めまい(眩暈)の治療に歳八十の患者が来た、身体はしっかりしている。

十日前から目まい(眩暈)が起こったので病院に行きましたが、目まい(眩暈)は

続いています。

東洋医学の方から検証すると脈証は緊脈であって左胸下の腹部に軽い動悸を感じた。

この様な場合は,水毒の症状として水毒治療を行う。 治療法として鍼治療で免疫療法

を行いながら、漢方の茶を飲んで貰った。  免疫療法の途中、患者が目まい(眩暈)が

感じなくなりました、と言っていました。

東洋医学の効能の有難さを感じると共に嬉しさが湧いてきた。

1
PAGE TOP