脈診

血液からの症状と、体液からの症状

身体の中を流れている水分には、血液と、体液があります。
この循環の滞りが体調不良を起こすものであり、
東洋医学は、こちらの流れを整えるのが得意です。
 
なので、滞りはじめ、病気未満の状態・・・
 
例えば、冷え性ですとか、頭がぼーっとしてはっきりしないですとか、
身体がこわばって痛いですとか、
そういった、お医者さんでは病名が付きづらいような体の不具合に対処ができます。
 
しかし、東洋医学を扱っているところならどこでもいいかというと、そうでもないようです。
当院では、四診や、脈を拝見したりというところから、総合的に判断し、
鍼、漢方を使い分けております。
 
その際に、病態を切り分ける視点として大事になってくるのが、
この症状が、どこからきているものなのか、というところです。
 
特に大きく分けて、血液からの症状であるか、体液からの症状であるか。
この二つの違いを明確に意識しますと、アプローチがしやすくなります。
 
体液というのは、細胞膜を通して循環しています。
塩分を取りすぎるといけない、というのは、この体液の部分の、細胞膜を通したやりとりに特に大きい影響があります。
体液の循環が悪い場合は、冷えなどの症状がおこります。
また、体液を綺麗にするのは、腎臓になります。
こちらに関しましては、漢方の方が得意といえます。
 
また、血液というのは、末梢血管を通して、動脈から静脈へとやり取りしています。
もともとの血圧が120だったとして、動脈の終わりは36ぐらい、ちょうどはざまで24、静脈の入り口で12ぐらいとなります。この、動脈から静脈への血液のやり取りがスムーズに行ってるかどうかが鍵となります。
この末梢血管がうっ血したりすることによって、風邪や、痛みなどの症状が起きます。
血液の滞りで起きやすいのは、痛みなど、熱を持った症状です。
また、血液を綺麗にするのは、肺での酸素交換になります。
こちらに関しましては、鍼の方が得意といえます。
 
このように、明確に役割分担を意識しているところは、どれくらいあるでしょうか?
あまり聞かないような気がしますが、どうでしょうか・・・
 
本物の東洋医学を提供できるよう、今でも研究を重ねている当院です。
色々なご相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

腰痛、肩こりの原因

大体の人は腹が悪いのです。
腰痛や肩こりに限らず、すべての病気は腹から来てると言っても過言ではないのですが・・・
特に、腸の凝り、その中でも大腸の凝りが影響しているように思えます。
東洋医学では、気・血・水のバランスが大事とよく言いますが、
気とは働きのこと。血は暖かい。血のめぐりを邪魔するのが冷たい水です。
この水の流れを制御することで、血のめぐりをよくし、内臓などの働きを良くする、これが最大の治療であり、健康法です。

腰痛や肩こりの原因として、姿勢が悪い、ともよく言われると思います。
しかし、これも結局血のめぐりの話です。
姿勢が悪いと、うっ血し、そこが神経等を圧迫し、痛みが出る。
気・血・水のバランスを整え、流れをよくすることが根本的な解決になります。

肩こりの場合は、みぞおちのあたりに固いしこりのようなものがあったりします。
そこをほぐすことで、肩への血流も回復するのです。

しかし、肩はたくさんの筋が通っており、そこの原因を見極め、かつ治療するにあたって、1回では難しい場合が多いです。
その点、腰の場合、筋が大きいので特定がしやすく、その結果、一回で改善できる場合が多いです。

そういった観点から、当院では肩こりや腰痛治療の場合でも、まずは免疫療法として、お腹に鍼を打ち、全身の血の流れを良くすることから始めます。

お腹が良ければ無病になります。未病の段階での内臓の凝りの定期的なケアもお勧めします。

その他、当院の得意治療としてアトピー(風邪の変形であり、傷寒論23条の手法で寛解)
膝痛(腰の冷えなどが原因、素問60条素問60条の手法で寛解)等がありますが、
詳しくはまた次回に・・・

目まい(眩暈)の治療

めまい(眩暈)の治療に歳八十の患者が来た、身体はしっかりしている。

十日前から目まい(眩暈)が起こったので病院に行きましたが、目まい(眩暈)は

続いています。

東洋医学の方から検証すると脈証は緊脈であって左胸下の腹部に軽い動悸を感じた。

この様な場合は,水毒の症状として水毒治療を行う。 治療法として鍼治療で免疫療法

を行いながら、漢方の茶を飲んで貰った。  免疫療法の途中、患者が目まい(眩暈)が

感じなくなりました、と言っていました。

東洋医学の効能の有難さを感じると共に嬉しさが湧いてきた。

妊婦の任脈療法

妊娠8ケ月の妊婦が来院して苦しみと悩みを訴えた。

呼吸するのが苦しい、気持ちが悪い、落ち着きがない、嘔吐が激しいと訴えていた。

妊婦として病気とは考えられないが苦しみ方は異常に思われた。

診察してみると膨満の腹の中の赤ジャン暴れている、母は嘔吐を交えて苦しんでいる。

腹をなてなてしながら、足裏の勇泉あたりを指圧をしていると赤ジャンがおとなしくなってきた。

任脈経を施術し免疫療法を行うと施術の効を奏し母は身体中の緊張が取れてすやすやと眠ってきた。

先生 有り難う すっかり楽になりました。 また来ます。 .サヨナラと笑顔で帰りました。

1
PAGE TOP