五十肩

何故腰痛、肩こり、五十肩痛になるか?

腰痛や肩こり、五十肩痛・頚椀証候群痛なとの原因は風邪から起こるものと考えられる。風邪にかかると発熱

が生じる、血行不良が起こってきて筋肉は機能減退となり硬結してきて神経を圧迫するようになって疼痛が起こるのです。

筋肉疲労が上部にあるときは肩こり、または胸骨筋が硬結になると五十肩痛になる原因となる。

肺部に胸骨筋肉が硬結になった場合は背部に痛み起こってくる、腰部に腰筋が硬結してくると坐骨神経を圧迫して

坐骨神経痛や腰痛が起こる。

治療法は筋肉を支配している骨膜を補い筋を養わなければならない施術を行えば痛みはただちに消失する。

1回の施術で傷みはなくなる・。

四十肩、五十肩 症状解説

◆四十肩、五十肩

原因: 風邪をひいて一週間ぐらい経つと筋肉の栄養がなくなり、筋硬直状態となる。この筋硬直が、胸筋に現れた時に五十肩が起こる。
治療法:筋緩和法(鍼の瀉法)をもって、行う。

1
PAGE TOP