顔面麻痺

本治法と標治法

前回の続き、です。

---------------

「何故起こるのか」

これを探るのが、重要と思っています。

東洋医学には、本治法と標治法があります。

本治法とは、本質を治療する方法で、五臓六腑へのアプローチがメインになります。
標治法とは、患部を直接治療する方法で、ある意味即効性はありますが、原因を取っているわけではないので、再発します。

私は特に、本治法が大切と考えているので、痛み治療にも先ず、脈や体を見て、免疫療法を行っております。

実は、東洋医学に限らず、何でも本治法の考え方が大事と思っております。
家も表面の見た目ではなく、土台などの中身がその家の本質を表し、職人の心意気もわかる、重要なところであると思います。
そして、人の心もまた・・・

ご飯をしっかり食べることも、本治法であると言えます。

毎日の生活が、病気をしない体を作っていきます。
これが、治療の本質なのです。

この考えで、痛みとは何か、風邪とは何か、も考えていくのです。
そうすれば、主訴とは違ったところへのアプローチも重要であることが見えてきます。


先日、顔面麻痺の方が見えられました。
やはり、WEBを観て当院へいらっしゃってくださったようです。
病院や鍼灸色々なところに行ったが、改善されないとのことでした。

顔面麻痺の治療は簡単なものではなく、1回では治りません。
そのことはあらかじめお伝えしてから治療を始めました。

お体を拝見させていただきますと、腹水音があったり・・・こういった体の調子から、患者さんの病気がわかるのです。
血流がよくなく、また消化器あたりもよくないようです。
お聞きすると、いつもお腹を壊したり、冷え性などがあるとのこと。
冷たいものを食べないようアドバイスをさせていただきました。

他でどんな治療をしたのかお聞きしましたが、顔への施術がメインであったとのこと。
すなわち、標治法をされていたのでしょう。

顔なので、確かに気になるのはわかりますが・・・
標治法も、無駄ではありませんが、何故麻痺が起こるのか、その原因が重要なのです。
顔面麻痺は結果であって、その原因は別のところにあるのがほとんどです。
そこを探していかなければ、治せません。

冷え性の治療などは、他では全くやらなかったとのことです。
当院ではお体全体のバランスを整えることで、顔面麻痺などの症状も治っていくよう治療いたします。

いつも「痛かったら言って下さい」とお伝えして治療させていただきますが、この治療の場合は、痛いのはあまりよくありません。
基本的に免疫治療は痛みはないものなのですが、特にこの方の場合は、非常にやせておりまして、ツボが狭かったのです。なので、ツボ以外のところへぶつかってしまうことがあり、その時に痛みが生じる可能性があります。

このように、体は人によって違います。
こういったことは、なかなかテキストにはなく、長年の治療経験から培っていくこととなります。
その人の体にあった治療法で、全身のバランスを整えて差し上げること。それが私の仕事です。

------

この記事は、以前使用していましたYahoo!ブログに掲載していたものの再掲載です。
本院の治療に対しての根本的な考えにあたります重要な記事なので、改めて掲載させていただきました。
ご自分の症状がどうして起こるのかわからない、病院に行っても的を得た回答を得られない、とお困りの方、是非当院にいらしてみてください。思ってもみないところに原因があるのかもしれません。四診という診断法を使い、脈や、お腹、顔色等から総合的に判断、お伝えいたします。

1
PAGE TOP