アトピー

痩身鍼も人気です

CIMG0312.JPGCIMG0314.JPGCIMG0317.JPG
 
当院は痩身鍼も得意です。
一回の施術で3~10cm程度の変化を体感することができます。
 
もともとアトピーが主訴でいらした女性ですが、会話の中で痩身が話題になりました。
そこで、やってみましょうか?と痩身の鍼をして差し上げました。
 
すると、治療後、ご自分のお体を見て・・・
 
「お、お、お~!」
 
思わず口から声が出てしまったようです。
 
着ていたスカートの腰回りが緩くなったとのこと。
 
写真を前から撮ってみても良いかと聞きましたら、
 
「横からも撮ってください!
後ろからも撮ってみてください!」
 
と少し興奮気味のご本人。写真で客観的に確認しては
 
「おおお~」
 
といったご様子で・・・とても満足いただけたようでした。
 
中国特殊鍼法を応用した痩身鍼です。
臓腑のアプローチにて健康的に引き締まります。
施術後は背中シャッキリ気分爽快、胃腸も元気になります。
 
伸びてだらんとした臓腑をきゅっと引締め、動きを良くし、いらないものを出す機能も高めすっきりした体になります。
 
食欲が湧いて、食べても、代謝もよくなるので太りません。
不健康なダイエットとは真逆のアプローチとなります。
 
健康に痩身を目指したい方、是非当院をお試しください。

アトピーの患者さんが多くいらっしゃるようになりました。

最近ブログで取り上げているせいか、アトピーで来院する方が増えました。

アトピーはすぐ改善が実感でき私としてもやりがいがありますので、より多くの方にご来院いただきたいと思っています。

アトピーは風邪の変形ですので、アトピーの部位だけでなく、全身状態のバランスを取ります。

なので、アトピー治療ですが、体全体の調子がよくなり、すっきりします。

大体7回の治療で、目に見える気になる症状が大分おさまってきますので、楽しみにご来院ください。

勉強会講師をします

img_0.jpg
img_1.jpg
度々乞われて、勉強会の講師をすることがあります。
 
時には海外、韓国の先生などにも呼ばれて講習会を開いたこともあります。
大体は、勉強会で知り合ったりしたご縁から、私の施術に興味を持っていただくことが多いです。
 
昨年9月にも、旭川の鍼灸学会に呼ばれて講師をしました。
普段はとても著名な先生方をお招きしているようで・・・
私も同列にいれていただいてよいものかとも思いながらも、2回呼ばれたのはどうやら私ぐらいのものらしく、前回の講義がよかったということかと安堵しております。
 
ほとんどの治療家さんがそうかとは思いますが、経験を重ねるにつれ、自分だけのノウハウなり治療法が蓄積してきます。
そして、私の場合、古典資料に詳しいという強みがあります。
傷寒論など、古典で昔から論ぜられていることをベースに、実際の治療方法までをお話しすることができますので、重宝していただけることもあるかと思っております。
 
旭川の鍼灸学会とのご縁は、前会長さんと、中国での勉強会などでご一緒させていただいたのが最初で、かれこれ20年以上の付き合いとなります。
その会長さんがお亡くなりになり、お通夜に葬儀等の機会を通して、現会長さんともご縁ができ、先日の勉強会、そして、6月にはやはり治療家の娘さんが、アトピー治療を習いにいらっしゃる予定です。
 
また、これから韓国の先生もいらっしゃる予定です。
西洋医学の免許を持っている先生で、日本の学会に勉強に来られた時からの付き合いで、こちらも10年以上になります。
以前も韓国にて免疫療法やその場で先生やガイドさんの腰痛治療等を行い、好評のようでした。
 
その時の日記がありますね。
 
 
また勉強したいとおっしゃっていたので、とりあえずとこちらで本を送ってさしあげたところ、今はそれを勉強されているそうです。
 
私もそろそろ年齢を重ねてしまっているので、少しでも私の治療法を後世に
残せればと思っております。
 
学んでみたい!という方、もしいらっしゃれば、お声掛けください。

喘息は水と熱のコントロールで治す

喘息を治すには、まず胃腸を治さなければいけません。
水が胃腸の方から上に上がってくるために喘息の症状が起きます。
この水を、肺の方から胃、腸の方に流せば喘息は治ります。
 
原因としては、熱があげられます。
また、アトピーも同じく熱です。
 
そこに、体液の問題が絡みますとリウマチになったりもします。
 
古典の傷寒論で既に論じられていることです。
 
西洋医学の問題は「熱」について全く触れていないことだと思っています。
 
例えばむくみや冷え症、ツボ一つで改善できるものであったりもしますが、西洋医学ではそういった熱の疾患には対応なし、お手上げ状態です。
 
西洋医学でもこの「熱」に対する対処法などが増えれば、とてもすごいことになると思うのですが・・・
 
熱と水コントロールは今の所、東洋医学の専門となっております。
身体の不調のほとんどの原因はこの熱と水のアンバランスですので、何かお困りのことがありましたら、是非当院へいらしてみてください。お待ちしております。

アトピーは良くなります。

アトピーは良くなります。

 
最初の1回の施術でも、赤みが引く、かゆみが引きすっきりする、など体感いただける方が多い、当院の中では比較的治しやすい疾患です。
 
とはいえ、他のところでは、治しづらい、一生のお付き合い・・・とされる方も多い疾患でもありますね。
どこに行っても治らない、という方は、是非当院の治療をお試しください。すぐ良くなる、治る、それがアトピーです。
 

5回の治療で、一番お困りである、湿疹やかゆみが消えます。

とはいえ、アトピーは風邪の変形です。熱が出る代わりに湿疹が出るようなものなので、またかかることもあるかもしれません。

10回の治療で、そういった風邪にもかかりにくい、体質改善を目指します。

 
アトピー患者さんは、当院に長く通われる方が多いです。というのも「奇跡が起きた!」といったことをよくおっしゃってくださり、アトピーが良くなった後も「ちょっと疲れが溜まって」と言ってはちょくちょく当院にいらっしゃるのです。
 
ある都内の有名大学に通っている患者さんは、アトピーについて色々な治療をし、ご自分でも調べ、とても知識のある方でした。色々お話をする中で「アトピーは風邪の一種です」と私が言うと、笑われました。
 
アトピーと風邪について、詳しくは過去のブログをご覧ください。
 

■アトピーと鍼施術について

http://www.shinjukushinryoin.com/blog/2012/02/post.php
 
 
勉強されているから尚更「風邪?」といった思いなのでしょう。
「まあとにかく治療を受けなさい」
 
と言って、治療した直後から、その笑いが、違う意味の笑いに変わったようです。
 
今ではご家族もみんな当院にいらっしゃってます。それぞれ・・・胃腸系のメンテナンスだったり、他県にお住いのおばあちゃんまで当院にメンテナンスにいらっしゃいます。
 
アトピーは文字通り、目に見えてよくなる疾患ですので、良くなったときに、本人はもちろん、ご家族の皆さんもとても喜んで下さいます。私としても施術のし甲斐がある疾患です。
 
アトピーでお困りの時は是非、当院にお越しください。貴方のお力になれれば幸いです。
 

アトピー治療と瞑眩反応

先週金曜日、酷いアトピーの男性が来院しました。
顔から胸にかけて真っ赤。
今までも色々な病院で治療を行ったがなかなか良くならないとのこと。
ストマイを飲んでみてむしろ悪くなってしまったので、漢方も飲んでみたりと、今までも色々試していたようで、お詳しい方でした。
 
早速当院にて治療。治療直後は症状が落ち着いたように見えました。
三日後にはもっとよくなるので様子を見せに来てくださいとお願いし、次の火曜日の予約をいただきました。
すると、土日、アトピーの部分が酷く腫れ、外に出られないぐらいになったのだそうです。
鍼治療により悪化してしまったのだろうか、当院に電話で相談しようかとも思ったようですが、身体の方はすっきりした実感もあったので、様子を見たのだそうです。
すると、月曜日にはすっかり落ち着いたようで、火曜日に当院にいらした時はすっかり綺麗になっていました。
これが、いわゆる瞑眩(めんげん)反応とは好転反応とも言うものです。
悪化したかに思われるような反応ではじめびっくりしますが、むしろこの反応が出た方が、その後よく治ります。
 
ここ数年、当院で力を入れているアトピー治療ですが、比較的改善しやすい疾患に思います。
今回のように一回で効果が出せることもあります。
 
お困りの方、是非当院にご相談ください。

赤ちゃんへの治療

赤ちゃんの施術患者さんの赤ちゃんに、ついでに治療をして喜ばれたこともあります。
以前、赤ちゃんの湿疹で困っているという患者さんがいました。
来院時で生後5ヶ月。生後2ヶ月ぐらいから乳児湿疹が顔とおまたあたりにあり、最初は病院を受診。ステロイドを処方をされるも、お母さんとしては塗りたくない気持ちがあり、3ヶ月放置してしまったとのこと。
赤ちゃんもとてもかゆがって掻いてしまっていたそうです。
身注をさすり、ロイヤルゼリーを塗ったらかゆがらなくなりました。
先日は、8ヶ月の赤ちゃん。4日程便が出ないとのことでした。はちみつを煮詰めた浣腸を作り、入れてみたところ、1時間後に排便があり、その後も順調に排便が戻ったとのことです。
赤ちゃんは、ちょっとした刺激で元に戻ることもあります。何か御心配事がありましたら、相談してみてください。

腰痛、肩こりの原因

大体の人は腹が悪いのです。
腰痛や肩こりに限らず、すべての病気は腹から来てると言っても過言ではないのですが・・・
特に、腸の凝り、その中でも大腸の凝りが影響しているように思えます。
東洋医学では、気・血・水のバランスが大事とよく言いますが、
気とは働きのこと。血は暖かい。血のめぐりを邪魔するのが冷たい水です。
この水の流れを制御することで、血のめぐりをよくし、内臓などの働きを良くする、これが最大の治療であり、健康法です。

腰痛や肩こりの原因として、姿勢が悪い、ともよく言われると思います。
しかし、これも結局血のめぐりの話です。
姿勢が悪いと、うっ血し、そこが神経等を圧迫し、痛みが出る。
気・血・水のバランスを整え、流れをよくすることが根本的な解決になります。

肩こりの場合は、みぞおちのあたりに固いしこりのようなものがあったりします。
そこをほぐすことで、肩への血流も回復するのです。

しかし、肩はたくさんの筋が通っており、そこの原因を見極め、かつ治療するにあたって、1回では難しい場合が多いです。
その点、腰の場合、筋が大きいので特定がしやすく、その結果、一回で改善できる場合が多いです。

そういった観点から、当院では肩こりや腰痛治療の場合でも、まずは免疫療法として、お腹に鍼を打ち、全身の血の流れを良くすることから始めます。

お腹が良ければ無病になります。未病の段階での内臓の凝りの定期的なケアもお勧めします。

その他、当院の得意治療としてアトピー(風邪の変形であり、傷寒論23条の手法で寛解)
膝痛(腰の冷えなどが原因、素問60条素問60条の手法で寛解)等がありますが、
詳しくはまた次回に・・・

アトピーと鍼施術について

原因: 風邪の変形。風邪とは末梢神経のうっ血であり、外気の何らかの刺激がきっかけで、体の弱いところに症状が出るもの。肌に出るのがアトピー。まず血液の循環をよくしなければならない。

施術法:鍼・超音波・漢方アドバイス

新宿鍼療院では、痛み改善の他、アトピー改善も得意としています。
特に超音波の効果は目覚しく、週1回の改善を3回で、とても良い効果を実感できます。
赤みが引き、痒みがなくなります。
また、アトピー施術と類似するものとして、美容肌の施術も得意としております。 yahooブログにも記事を掲載しておりますので、「アトピー」「美容」といった書庫をご参照くださいませ。

<アトピーと東洋医学>

鍼はいいです。

大人のアトピー、全身赤く、痒い方がいらっしゃいますね。
当院に来ていただいて、施術をします。
帰る頃には肌が白くなるのがわかります。

もちろん、肌が傷ついている部分はすぐはなおりませんが、
赤みがなく、ただの湿疹っていうんですかねえ・・・
皮膚に穴が開いているといいますか、そんな感じになります。
この治療は、私にも一目瞭然、その日のうちに効果が見えるので、やりがいがあります。

じゅくじゅくしている部分は乾き、象の皮膚のように硬くなっているのはやわらかくなってきます。
鍼をすると、末梢血管へ血が動いてみるみる赤くなるのがわかり、それは見事です。

発症後、8年以上たったという方も、4回ぐらい来て頂いただいて、見た目からすっかり綺麗になりました。

漢方も良いですが、それだけじゃダメ。鍼も合わせるのが良いです。

何故かゆみが起こるのか、その仕組みを考えて施術を行います。
皮膚は肺ともつながっています。
肺は大腸とも・・・

そういった理論はありますが、それだけではありません。その理論から実際からだの中に起きているであろう状態を想像し、かつ、実際患者さんの体を、脈や腹診などで見ることで、裏づけが取れ、最終的にはその患者さんにあった施術を行えるのです。

なので、色々な症状に対する施術、というのもありますが、結果的にはその患者さんの体を見て、陰陽のバランスを整える、その基本が大事ということになります。症状が起きているということは、その部分のバランスが悪いということですから・・・

極論かもしれませんが、アトピーは風邪の変形です。
風邪とは末梢神経のうっ血であり、
その結果、体の弱いところに症状が出る。
アトピーも花粉症も、そういう意味で風邪だというのです。

なので、まず血液の循環をよくしなければなりません。

1
PAGE TOP