勉強会

勉強会講師をしました

以前、鍼術や漢方を教えたことのある方が、また教えて欲しいというので、7月に新宿にて講演を行いました。
内輪のイベントですが十数名の方が集まってくださり、うち若い方お二人の鍼灸師が、私のところで習いたいと当院を訪ねてこられました。
ありがたいことです。
忙しいときは手が足りないこともありますので、8月からたまに手伝っていただいています。
 
以前ブログで紹介した旭川の学会の方も、アトピー施術を習いにいらっしゃいました。
 
もっとも、鍼を指す場所、刺した後の患者様の表情の変化など、実際の経験を重ねて初めてわかるものです。
 
私の後ろ姿から何か学んでいただければと思います。
 

勉強会講師をします

img_0.jpg
img_1.jpg
度々乞われて、勉強会の講師をすることがあります。
 
時には海外、韓国の先生などにも呼ばれて講習会を開いたこともあります。
大体は、勉強会で知り合ったりしたご縁から、私の施術に興味を持っていただくことが多いです。
 
昨年9月にも、旭川の鍼灸学会に呼ばれて講師をしました。
普段はとても著名な先生方をお招きしているようで・・・
私も同列にいれていただいてよいものかとも思いながらも、2回呼ばれたのはどうやら私ぐらいのものらしく、前回の講義がよかったということかと安堵しております。
 
ほとんどの治療家さんがそうかとは思いますが、経験を重ねるにつれ、自分だけのノウハウなり治療法が蓄積してきます。
そして、私の場合、古典資料に詳しいという強みがあります。
傷寒論など、古典で昔から論ぜられていることをベースに、実際の治療方法までをお話しすることができますので、重宝していただけることもあるかと思っております。
 
旭川の鍼灸学会とのご縁は、前会長さんと、中国での勉強会などでご一緒させていただいたのが最初で、かれこれ20年以上の付き合いとなります。
その会長さんがお亡くなりになり、お通夜に葬儀等の機会を通して、現会長さんともご縁ができ、先日の勉強会、そして、6月にはやはり治療家の娘さんが、アトピー治療を習いにいらっしゃる予定です。
 
また、これから韓国の先生もいらっしゃる予定です。
西洋医学の免許を持っている先生で、日本の学会に勉強に来られた時からの付き合いで、こちらも10年以上になります。
以前も韓国にて免疫療法やその場で先生やガイドさんの腰痛治療等を行い、好評のようでした。
 
その時の日記がありますね。
 
 
また勉強したいとおっしゃっていたので、とりあえずとこちらで本を送ってさしあげたところ、今はそれを勉強されているそうです。
 
私もそろそろ年齢を重ねてしまっているので、少しでも私の治療法を後世に
残せればと思っております。
 
学んでみたい!という方、もしいらっしゃれば、お声掛けください。
1
PAGE TOP