ホーム > 腹を診る

腹を診る

腹診

腹診

日本古来の診断方法

筋肉硬軟部位・度合等比較
表裏寒熱の把握

病気の原因は腹部に在る腹部の診断・施術は重要!
  1. 寸口は症状に対してどんな針施術が適切かを判断するために、当院ではすべての施術において脈拍を測り、
    安全な施術を行っております。
  2. 心臓周辺の針施術は主に、上半身の贓物を潤滑化させます。
  3. 肝臓に正しい鍼施術の刺激を与えることにより、肝臓周辺を活性化させます。
  4. おへそ周りの鍼施術により、精力を促進させることが可能です。

口経から排便まで10m内外のの異変を考察
長い管(胃、腸)は常に外部に異変をメッセージで送っている
東洋医学は法則に従ってこのメッセージを受信して施術を行う。

hukusin.jpg

PAGE TOP