西新宿:中国の鍼治療について知っておくべきこと

おもしろい事実も含めて、中国の鍼灸についてすべてを学ぶときは、より知識のある人になりましょう。西新宿で今すぐ調べてください。あなたが知る必要がある中国の鍼治療についての事実は次のとおりです:

鍼治療に使用される多くの方法があり、最も一般的な方法はツボに小さな針を挿入することです。ツボは、病気を引き起こしたり緩和したりすることができると考えられているあなたの体のポイントです。鍼治療では、針がそれらのツボに挿入され、体を健康に戻します。伝統的な漢方薬は数千年前から存在しており、古代中国で発見されました。古代中国の人々は、体のさまざまな部分に針を挿入することで、特定の病気を治すことができることを発見しました。ツボにはいくつかの名前があり、それらが入っている体の領域に応じて、それらは異なる名前を持っています。針が挿入される場所には、耳、肩、鼻、足などがあります。体内には2000以上の鍼治療のポイントがあり、耳、肩、手、足、背中、顔、首、心臓、肺、腎臓、肝臓、胃に見られます。鍼治療は、脳に信号を送ることで機能します。これにより、脳は体をより意識するようになります。これは、体が自分自身を癒す方法を知るのに役立ちます。鍼治療は、世界中の人々に非常に人気のある治療オプションです。

中国の人々は、各体の部分に対応する器官があり、各病気は子午線の流れの不均衡によるものであると信じていました。各ツボは、特定の子午線と病気に関連しています。たとえば、漢方薬(TCM)によると、人体には十二支の12匹の動物に対応する12の主要な経絡があります。陽経絡と呼ばれるこれらの12経絡は、人体の中心線に沿って一方向に流れ、陰経絡と呼ばれる他の12経絡は、頭から足へと反対方向に流れます。人体には、肺、心臓、脾臓、腎臓、肝臓、胆嚢の6つの主要な経絡に対応する6つの器官があります。 TCMによると、肺は大腸に関連しています。胃と小腸のある心臓;大腸のある脾臓;膀胱のある腎臓;胆嚢のある肝臓;そして胃と胆嚢。

漢方薬のツボの数は、4,000個の固定点、5,500個の移動点、400個の特殊なツボを含めて10,000個以上と考えられています。

それは古代中国だけでなく今日の中国でも使われていました。それは単に中国の鍼治療システムであるだけでなく、インドやヨーロッパなどの世界の他の地域でも使用されています。

痛みや痛みの治療は、何千年もの間中国で実践されてきました。 5つの要素の概念はこの目的のために使用されたと信じられていました。

今日でも、この痛みと痛みの治療法は中国で一般的に使用されています。これは、頭痛や腰痛などの慢性および急性の状態の一般的な治療法です。

中国の鍼灸師は、治療に鍼灸と漢方薬を組み合わせて使用​​しています。これらは、鍼治療のみに依存する西洋のシステムとは異なります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。