鍼治療が体に与える

西新宿: 鍼が体に与える

影響 鍼は中国発祥の伝統的な手技です。紀元前2500年に中国の皇帝黄帝によって建立されました。ここ西新宿では、この伝統的な薬効を継承していきたいと考えています。

当院への予約をする前に、鍼灸が体に与えるさまざまな効果について、以下をご確認ください。

受診の頭痛の緩和 頭痛の

原因として最も一般的なものは、ストレス、不安、吐き気です。痛みを和らげるために薬物を使用しない方法を使用したい人にとっては、鍼治療が適しています。痛みを和らげるだけでなく、リラックス効果も期待できます。

免疫システムの

強化 人は常に病気になりがちですが、免疫システムを強化することで、病気になる可能性を減らすことができます。鍼治療は、病気の原因となる微生物を撃退し、免疫システムを改善することでこれを行うのに役立ちます。 

ストレスを緩和する

鍼灸を受ける最も一般的な理由は、おそらくストレスによるものです。仕事、学校、プライベートのいずれであっても、問題がストレスの根源であることは間違いありません。良いことは、鍼がストレスを和らげ、不安を軽減し、気分を改善することが証明されていることです. 

物を詰まらせたままにしておくと、不安やうつ病などの身体的および精神的健康問題につながる可能性があるため、時々ストレスを解消することが重要です。

筋肉痛を和らげる

一日中何をしていても、何らかの形で体に何らかの痛みを引き起こすことは確実です。公共交通機関に乗ったり、バッグを持って学校に行くまで、これらの単純な作業を繰り返し行うと、苦痛を伴うことがあります。鍼治療は、日常の最小限の作業によって一般的に引き起こされるこれらの筋肉痛を和らげるのに役立ちます。鍼治療によって緩和される痛みには、次のようなものがあります。

  • 背中の痛み
  • 関節の痛み
  • 筋肉の緊張

眼精疲労の軽減

一日中オフィスで仕事をしなければならないということは、長時間画面を見ていることになります。仕事が終わったときや、まったく仕事をしていないときでさえ、人々はほとんどの時間を、さまざまなソーシャル メディア フィードをスクロールしながら携帯電話を見つめて過ごします。 

眼精疲労は首の緊張に関係していることが多く、鍼治療でもこの緊張を和らげることができます。しかし、それが緩和できる唯一の目の関連の痛みではありません。それは、次のようなも御馳走他の眼の病気ができます:

  • 白内障
  • 乱視
  • 近視
  • 遠視
  • 色盲

軽減消化器系の問題は、

常に彼らの消化管に問題がありますしている誰かが、鍼治療はあなたのための完璧なことがあります。消化器系の調整に役立つため、胃腸疾患のある人に非常に役立ちます。 

これらは、鍼治療が体に与えるさまざまな影響の一部です。このリストの中で自分に似たものを読んだ場合は、今すぐ西新宿に予約して、悩まされている痛みを和らげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です